50代の薬剤師でも転職できるコツ

50代の薬剤師が転職しやすい職場は存在します

薬剤師 転職薬剤師の転職をデータ分析できる「薬剤師転職サイト比較.JAPAN」

金銭的な負担が少ない調剤事務員を雇うというケースが多くなってきて、現在ではドラッグストアなどであっても採用してもらえないという50代の方が増えてきています。
でも中には50代の薬剤師が転職しやすい職場は存在します。
それは、中小とか個人の調剤薬局です。
ここは人手不足が続いているからです。
大手になると店舗数が多いので、人事異動などを行なって調整することが可能ですが中小となると簡単にそうはいきません。
さらに新卒薬剤師からの人気もあまり高くありませんし、長く続ける若い人がなかなか入ってこないという悩みがあります。
その結果として、中小とか個人の調剤薬局は比較的高齢の方にも門戸を広げることになっています。
こういうところであれば、年齢を重ねていたとしても十分入ることができる可能性はあります。
またドラッグストア業界は業界自体が伸びているところです。
それに比例をして、店舗数もあらゆる場所で増えてきています。
当然需要も高くなってきているので、年齢が高い場合でも採用をしてもらえることは多いです。
ほかの職場に比べると、簡単に採用をしてもらえるので狙い目でもあります。
中小とか個人の調剤薬局とかドラッグストアのどちらにしても、年齢を重ねている長所を生かしていくことが大事です。
例えば、若い人の教育係になることが出来るなどがあれば採用率はさらに高まります。
特にマニュアルになり経験に基づく知見は重宝されることは間違いないです。
たとえば患者それぞれの特性を見極めて、わかりやすく薬歴指導を行うというような能力です。

転職をすれば、調剤薬局だと年収650万円ぐらいはすぐに届きます。

転職後にさらに年収アップしたければ、幹部候補募集と書いてある求人に応募しましょう。

中小企業だけでなく、大手の調剤薬局でも応募していることはあります。
#薬剤師キャリア

— 薬剤師の仕事相談 (@yak_job) February 6, 2020

50代の薬剤師転職は簡単ではありません : 50代の薬剤師が転職しやすい職場は存在します : 高齢でも転職を成功させるための求人の見分け方