50代の薬剤師でも転職できるコツ

50代の薬剤師転職は簡単ではありません

50代にもなると薬剤師の転職は難しいだろうなと考える人は多いです。
結論からいうと、たしかにこの年代での薬剤師転職は簡単ではありません。
でも薬剤師の不足は今でも続いていて、年齢関係なく求めている職場も存在しています。
年齢を重ねるとどうしても、どの職場でもハードルは高くなってしまうものです。
一部の職場では良い反応を見られないことも珍しくありません。
なぜこの50代という年代が難しいのかというと、給料が高いということが挙げられます。
この年代の平均年収ですが、700万円程度でほかの年代の平均年収よりも高めになっています。
そのため、雇用側は高い給料を払わないといけなくて負担になることは間違いありません。
こういう理由から、ハードルが上がってしまうということがあります。
その他の理由としては、すぐに定年になってしまって長く働くことができないという点です。
定年退職がすぐそこに迫っているような人を採用したとしても、現場で活躍をしてくれるのは限られた時間となってしまいます。
そうなると同じ教育をするのであれば、若手の方がいいと考えるのは普通のことです。
また、体力の面でも若い人には劣ってしまうというデメリットもあります。
若い頃には読めていた字の大きさでも、読みづらくなってきて業務に支障が出るという方も少なくありません。
若い世代であれば無理がきくような業務量とか業務内容でも、どうしても体力的に大丈夫かなとか心配をする企業も存在してきます。
つい最近までは調剤薬局とかドラッグストアであれば、50代でも転職は容易でした。
でも風向きが変わった理由は、2019年の調剤報酬改定です。
これによって調剤事務員もピッキング作業をすることが可能となってしまいました。

50代の薬剤師転職は簡単ではありません : 50代の薬剤師が転職しやすい職場は存在します : 高齢でも転職を成功させるための求人の見分け方